任意保険

自動車保険には、自賠責保険と任意の自動車保険があります。加入が義務づけられている自賠責保険に対し、任意保険の加入はそれぞれです。

ただ、わりと大きな事故をすると、自賠責保険だけでは十分に対応できない場合があります。そもそも自賠責保険は他人に対する賠償部分が対象となっているため、自分の車の修理代や、運転士(自分)のけが、破損したガードレールの修理代などは、自賠責保険でカバーできません。任意保険は自賠責保険の不足を補う、いわばオプションの保険のようなものです。

任意保険の種類をご紹介します。

対人賠償保険 他人への賠償が対象です。被保険者やその家族は補償されません。

対物賠償保険 他人の物に損害を与えた場合の賠償が対象です。

無保険車傷害保険 保険に未加入の車との事故をした場合、保険金を受け取ることができます。

搭乗者障害保険 保険加入者の搭乗者が事故で負傷した場合、保険金を受け取れます。

自損事故保険 相手を巻き込むことなく、単独事故を起こした場合が対象です。

車両保険 自分の自動車と自分をまもるための保険です。

人身傷害補償保険 事故相手が保険未加入者の場合、または自分に過失がある事故で自分もケガをした場合に補償されます。

任意自動車保険は、これらが最初からセットになっているもの(SAP, PAP, BAP)もあります。もちろん自分で個別に組み合わせることもできます。

セット商品は保険の自由化とともに販売されるようになり、最近になってようやく浸透してきました。保険の自由化により、サービスや商品が多様化したことで、価格競争が進み安い保険料の保険が登場したり、選択肢が広がったことは私たち選ぶ側にとっては嬉しいことです。

ただ、商品自体が複雑化してきているのもまた事実です。 「万が一のため…」とあれこれ組み合わせればいいというものではありません。その分、保険料は高くなってしまいますから、本当に必要な保険が充実しているかどうか、無駄な保険料を支払うことがないか、しっかり確認することが大事ですね。

次のページでは比較的新しい自動車保険、「車保険」についてご説明します。自動車保険と混同しがちですが、本来は二つとも違う保険です。