自賠責保険とは?

…交通事故の損害に、最低限の補償を必ずうけられる対人保険

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、 公道を走るすべての自動車や原動機付自転車にたいして加入が義務づけられています。そのため、一般的に「強制保険」と言われ、加入していない車は、走行できないことになっています。証明書がない場合、または期限が切れている場合には、数十万という罰金もありますから、注意したいところです。

もともと、交通事故の被害者が最低限の補償は必ず受けられるようにと国によって始められた損害保険。人身事故に限定はされるものの、自動車事故で相手を死傷させてしまった場合や、被保険者が死傷した場合に保険金をうけとることができます。

亡くなった場合
3,000万円
亡くなるまでの傷害
120万円
傷害をおった場合
120万円
後遺障害を負った場合
4,000万円

一回の事故で何台もの車、または被害者が巻き込まれた場合はそれぞれの被害者に対して保険金が支払われます。また、保険期間中であれば事故の回数で保険金額が減ることもありません。

また、自動車にはねられた人が別の自動車にはねられるといった二次事故につながるケースもあります。その時は、双方の車両に過失が認められれば被害者が2倍の自賠責保険金をうけとることもできます。

上記の対象になる被保険者は、自動車の保有者と運転者です。
※保有者とは所有者など自動車を使用する権利を持っている人のこと
※運転者とは他人のために運転する人、つまり業務中のタクシードライバーなどです。

ただし、車の所有者と運転者間での事故は補償されないので注意しましょう。たとえば、父が所有する車を娘が運転し、父親をひいてしまった場合です。

とはいっても、自賠責保険に入っているからといって安心できるわけではありません。というのも自賠責保険の補償は最低限でしかないからです。そのため、交通事故のケースによっては、保障額を超えるような重傷を負って入院をする場合もありますし、補償の対象外になることも多くあります。

そもそも自賠責保険の支払い限度額はどれくらいなのでしょう?次のページでは、より詳細な限度額についてご紹介します。