対物賠償保険

「物」への補償を目的とした「対物賠償保険」

自動車事故で、他人のものを壊したり、汚してしまうなどの損害を与えた場合、法律上加害者は、損害賠償責任を負うことになります。

たいしたことのない損害であれば、自分で賠償することもできます。しかし場合によっては公共物を壊してしまったり、高級車に損害を与えてしまう場合もありますね。

またその事故が関節的にでも営業の損害になる可能性もあるのです。例えば、タクシーやバスといった業務車との事故の場合は、休業補償の賠償金を支払うケースもあります。

こういった時に備えて加入するのが対物賠償保険です。対人賠償保険が人に対する補償であるのにたいし、対物賠償保険は物にたいする賠償をします。

対人賠償保険と同様に、対物賠償保険も自分(被保険者)をカバーできません。被保険者やその家族、同居の親族の車や物の損害は賠償の対象外になります。

そのため、車庫入れに失敗してバンパーがへこんでしまった、壁をけずってしまったという場合には保険金はおりないので注意しましょう。

もしその点も万全にしておきたいという場合には、車両保険という任意の自動車保険もありますので、検討されるとよいかもしれません。

自分がいくら万全でも、保険未加入車と自動車事故を起こす確率は結構高いこと、ご存じですか?事故相手が保険に加入していないだけで、さらに苦しい思いをすることも…。ですから、次のページでは、そんなときのために備える「無保険車傷害保険」についてご紹介していきます。