車両保険

車両保険とは、自分の自動車と自分をまもるための保険です。単独事故を起こしてしまった場合、他人の車を巻き込んでしまった場合、また災害による被害もカバーできます。

ただし保険金額は自動車の車種や年式に応じて、あらかじめ保険会社が設定します。そのため100万円の価値しかない自動車に500万円の保険金をかけることはできません。その分、補償範囲や保険内容は自分で検討、選択するこができます。

車両保険には保険会社によっていくつかの種類があります。そしてそれぞれ補償の内容が違います。保険の担当者に説明をきちんと聞いておかないとあとになって「保険金が払われない」ということもあります。

車両保険の中で一番補償があつい保険として「一般車両保険」を多くの保険会社が同じ名前で取り扱っています。火災や盗難、他人の自動車との接触、自損事故なども補償範囲に含まれるため、この保険に入っておけばまず安心です。保険料が高いことをのぞけば完璧な保険といえます。

「一般車両保険」の他に、補償範囲を限定し安い保険料で加入できる「車対車+A」や「エコノミー」といった車両保険があります。「一般車両保険」以外の車両保険に加入する場合には、補償されない内容をまず保険担当者に確認しておくといいと思います。

車両保険は、その車の車種や過去の事故歴によってもかわってきます。たとえば、高級車であれば車両保険料も高くなり、過去に事故をしたことがない場合は保険料が割安になる仕組みです。

その他に保険料を左右するものとして、免責金額の設定があります。交通事故で自動車の修理代などが発生したときに、自己負担する金額が免責額になります。そのため契約時に10万円で設定し、実際の事故で修理代が50万円かかった場合、40万円の保険金が支払われるのです。

この免責金額を高く設定しておくことで保険料が安くなります。ただし、高めの免責額で契約をすると、小さな事故による修理も自己負担となります。

事故をしたときにとても頼りになる保険だからこそ、保険料が高くても加入の検討をおすすめします。なお、最近では「お酒をちょっとでも飲んでいたら車両保険金を支払わない」と判断をする保険会社が増えているそうです。せっかく高い保険料を支払って加入している車両保険ですから、無効にしないように気を付けたいものです。

車両保険は任意保険ではあっても、とても重要な自動車保険だということがわかりました。今度は、車を運転するなら必ず加入しなくてはならない強制保険、「自賠責保険」についての理解を深めていきましょう。強制保険に加入していれば本当に安心でしょうか?自分が事故にあった時どれほどの補償がうけられるのか次のページでご紹介します。