保険料を安くする

▼契約内容の見直し時期

運転者年齢条件の対象範囲は常にチェックして、自分が適切なものを選んでいるか確認をする必要があります。運転者年齢条件で気を付けたいポイントを2つあげます。

まず、一台の車を家族で使っている場合です。お父さんが30歳未満不担保で契約しているとします。20歳の娘が交通事故を起こした場合には運転者年齢条件が適応されません。

今までお父さん1人が運転していたけれど、子供が免許をとって運転するようになったという場合など、つい更新し忘れてしまうケースが多々あります。家族で同じ車を共有する場合には、運転する人の年齢をすべてカバーしているかどうかをきちんと確かめましょう。

保険会社によっては「子供特約」や「臨時運転者特約」などをとりあつかっています。親子で同じ車を運転する場合にはこういった特約を上手に使えるといいですね。

二つ目に注意したいのは、誕生日。誕生日で運転者年齢条件を連想することはまずないと思います。しかし、そ運転者年齢条件は年齢で保険料の設定がかわってくるため、更新時にはきちんと手続きをされることをオススメします。

たとえば、20歳から21歳になった時は特に更新の必要がありません。でも25歳から26歳になった時には見直しが必要です。「21歳未満不担保」から「26歳未満不担保」にランクアップすることで、保険料も節約できます。

免許をとった時に契約した「全年齢条件」から一度も更新せずに、気づいたら30歳になっていた!なんてことがないように、自分の契約している運転者年齢条件をきちんと把握しておくといいですね。

年齢条件の変更等は契約の途中でも可能です。加入している自動車保険会社に連絡して手続きを進めることができます。

次のページでは走行距離で保険料が安くなるケースをご紹介します。ゴールド免許をお持ちの方も必見です。