無保険車傷害保険

事故相手が、事故に対する備えをきちんとしている人とは限りません。保険未加入者と事故を起こして、被害者が苦しい思いをするケースは案外多くあります。

こういった状況に備えるために「無保険者傷害保険」というものがあります。無保険車とは、任意保険である対人賠償保険に加入していなかったり、対人賠償保険に加入していても補償金額が少額の自動車やバイクのことをいいます。

その無保険車との事故に巻き込まれ命を落としたり、もしくは傷害を負った場合は、加害者から十分な損害賠償を受けることができません。しかし、無保険車傷害保険に加入をしていれば、この自動車保険から賠償金を受け取ることができるのです。

支給金額は、自分が契約している対人保険と同額です。無制限の対人保険に加入している場合、限度額は2億円になります。

ただし、無保険車傷害保険が対象としている「無保険車」にも条件があります。事故相手である無保険車が下記にあげる4つの条件のいずれかに該当する場合、保険金の支払いをうけることができます。

  1. 任意の対人保険に加入していない場合
  2. 対人保険に加入しているにもかかわらず、運転者年齢条件などの規定にそっていないために保険がおりない場合
  3. 事故の加害者が特定できない場合
  4. 対人保険に加入しているにもかかわらず、その保険額が被害者に支払う賠償額に満たない場合

万が一のために任意保険にきちんと加入しているドライバーは私たちが想像するより少ないのが現状です。無保険車が賠償できる額は自賠責保険の限度額。最高3120万円までの支払い能力ということになります。にもかかわらず、 無保険車と事故をする確率は10回の事故のうち1回〜2回といわれているので、人ごととはいっていられません。

任意保険に加入するしないは、各ドライバーの責任です。だからといって、自分だけ加入していて安心ができるわけでもなさそうですね。無保険車と事故を起こしたときのことを考えて、無保険車傷害保険に加入をしておくなど、自分の身は自分で守る対策も必要かもしれません。

次のページでは一見見落としががちな自動車保険、「搭乗者傷害保険」についてご説明します。自己申請なして保険会社が保険金を支払わうことはなかなかないとか…。自分でしっかり保険の内容をしっておいたほうがいいですね。