自動車保険とは

自動車保険は、交通事故が起きた時の被害者の救済と、加害者の金銭的負担を援助するための制度です。被害者の医療費や車の修理代だけでなく、財物に損害を与えた場合も含めると、加害者が賠償する金額は相当な額になります。

自動車保険は二つの種類に分けることができます。まずは強制保険といわれる「自賠責保険」。文字どおり、加入が義務づけられている保険です。それからもう一つは任意保険といわれる「自動車保険」です。任意なので加入は自由です。

でも、とりあえず自賠責保険に加入しているからいいや…なんて思ったら大間違い。自賠責保険がカバーする保障の範囲は本当に狭いからです。

もちろん自賠責保険でも、事故で亡くなった場合や、傷害を負った場合には死亡金などが支給されます。ただしその額は限られているため、あまり期待できません。

交通事故で相手が亡くなってしまった場合に、自賠責保険の保障額を超える金額を、損害賠償で請求されるケースもあります。自分の過失で高級車に追突したり、ガードレールに突っ込んでしまった場合にも保険金がおりない場合もあるのです。

こんな時に助けてくれるのが任意保険です。
任意保険は大きくわけて4つの種類に分類することができます。

  1. 人に対して賠償する「対人賠償保険」
  2. 物に対して賠償する「対物賠償保険」
  3. 同乗者に対して賠償する「人身傷害補償保険」
  4. 自分の車に対する保険として「車両保険」

これらの任意保険も組み合わせることで、万が一に備えてより保障のあつい保険内容にすることができます。

実は新しい保険が続々登場したり、保険料が多様化し始めたのはつい最近のこと。次のページでは自動車保険のサービス競争激化の背景についてお話します。