賠償責任保険

主要の賠償責任保険は3種類。補償の対象はあくまでも「他人」

賠償責任保険とは、他人(第三者)に対する賠償を目的とした保険です。自動車保険の賠償責任保険には、加入が義務づけられている自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と、任意で加入する「対人賠償責任保険」と「対物賠償責任保険」があります。

交通事故で他人がけがをしたり、なくなってしまったとき、または他人の物を壊してしまったとき、加害者は損害賠償責任を負うことになります。 この時の賠償を助けてくれるのが賠償責任保険なのです。

自賠責保険には限度額というものがあります。主な補償内容は下記のとおりです。

  • ・死亡保障 3000万円
  • ・後遺障害 75万円〜4000万円
  • ・傷害    120万円

自賠責保険は対物の賠償がありません。

任意で加入する「対人賠償保険」は人に対する補償を目的とした保険です。一方「対物賠償責任保険」は物の破損に対して補償をする保険です。この二つの保険は、保険会社で内容も多少異なります。限度額があるものもあれば無制限のものもあります。

賠償責任保険は、あくまでも他人に対する賠償なので被保険者に対して払われる自動車保険ではありません。

次のページではまず、対人賠償保険について説明をします。落とし穴になりやすいのが「対人」の意味。補償の対象をしっかり理解しておかないと実際事故にあってから「こんなはずでは…」ということにもなりかねません。